愛犬の肥満を解消したいあなたに!失敗しないドッグフード選び

はじめに

 

犬の肥満も、人と同じで、様々な病気に引き金になるため、ダイエットや減量をして、健康的に本来の体重にしてあげる必要があります。
このページでは、愛犬が健康的に、ダイエットや減量を行える、栄養バランスに優れた、無添加のドッグフードをご紹介します。

 

無理な食事制限や、中途半端な知識による急激なダイエットは、逆に危険ですので、必要な栄養がしっかり摂れる低カロリーなドッグフードで、健康的に愛犬の肥満を解消するようにします。
愛犬の肥満に、頭を悩まされている飼主さんの、お役に立つことが出来れば幸いです。

 

ダイエットの目標を明確にして愛犬の肥満にサヨナラする

 

人間と同じように、犬も無理なダイエットは絶対にNGです。無理な食事制限や絶食など、急激な減量を行う場合、体調不良を起こしかねません。犬が人と違うのは、自分で体調不良をつたえることが出来ないところです。

 

行き過ぎたダイエットで体調不良になっても、直ぐに気づいてあげられなくて、病気を招いてしまっては、何のためにダイエットするのか本末転倒になってしまいます。

 

また、愛犬が肥満を自覚していて、自らの意思でダイエットを行うわけではありませんので飼主さんがペース配分を見誤ってしまうと、ワンちゃんにとっては過度なストレスを伴うことになりかねません。

 

ストレスもまた、病気の引き金になることがわかっていますので、肥満をどの程度まで解消させてあげるのか、また、ある程度の期限を設けるなどして、明確な目標を立てるようにしてあげたほうが良いでしょう。

 

例えば、現在のワンちゃんの体重と、適正な体重の差を計算し、ある程度の期間で無理のないダイエットを計画してあげましょう。犬の肥満度測定にも、様々なやり方がありますが、人と同じように個体差があるため、動物病院で獣医さんに相談し、理想体重について指示をもらうやり方も良い方法です。

 

体重測定を行い目標体重とダイエット期間、ダイエット方法などについても相談し、肥満からくる病気についても色々と教えてもらうとより、良いでしょう。

 

肥満や太り過ぎで獣医さんに診てもらうのは気が引ける。そう思う飼主さんもいらっしゃるかと思いますが、「肥満は万病の元」になるため、迷惑がるような獣医師は皆無です。逆に、普段から獣医師に見ておいてもらうと、いざという時も診断しやすいので、ワンちゃんのためにも良いと思います。

 

 

具体的な肥満解消方法とダイエットに向いているドッグフード

 

人間のダイエットだと、運動でカロリー消費することをメインとしたやり方と、食事管理をメインにする方法の二通りが主流となります。犬の場合も同じで、散歩の量を増やしたり、食事管理によるカロリー制限などが一般的です。

 

犬の肥満の原因は、フードやおやつの与え過ぎ、つまりカロリーの取り過ぎであることや、極端な運動不足などが挙げられます。人間の食べ物を与えているのが原因で肥満になってしまうケースも少なくありません。

 

犬にとって、人間が食べる味付けは調味料などが加えられ、とても美味しいため、ついつい食べ過ぎてしまいがちで、肥満や太り過ぎになることが多いのです。

 

こちらでは、具体的な愛犬の肥満解消方法として、良質なドッグフードをご紹介していきます。犬の身体によくない人工添加物を使わず、犬本来が必要とする栄養素はしっかり含んだものを厳選しました。

 

動物病院でも、全国で流通している海外産メーカーの療法食は、知名度もあり、それなりに良いのですが、完全なナチュラル食では無く、「食い付き」が悪いことがあり、国内では食べてくれないワンちゃんも多いそうです。

 

そこで、食い付きが良く、完璧な自然原料で作られている、国内メーカーの肥満解消用ドッグフードをご紹介します。

 

・犬本来が必要な栄養バランス
・人工添加物を一切使わない、天然由来の素材原料
・低カロリー・高栄養
・成分値や使用原材料が完璧に公表されている
・食いつきが良く、90%以上のリピート率

 

これらを踏まえた、高品質なドッグフードをおすすめ順でご紹介します。愛犬の肥満解消や、計画的なダイエットにお役立て下さい。

 

 

犬の肥満解消!ダイエットにおすすめなドッグフード

 

愛犬の肥満を解消するため、ダイエットを行う場合も、ただ単にカロリー制限をしたり、食事を控えるだけでは栄養不足になったりストレスを抱えたりと、逆に様々な疾患を招いてしまいます。

 

美味しく食べられて、健康を保つための栄養バランスに優れたドッグフードが必要です。さらに、人工添加物などを一切使わない、自然素材のナチュラルドッグフードをおすすめします。

 

犬,肥満,ドッグフード

犬心 糖&脂コントロールの特徴
〇肥満(メタボ)をケアする食事療法食で、全犬種に対応!

〇無料の食いつきチェックサービスあり。
〇完全無添加の低温手作り製法。
〇使用原材料から生産、全て日本国内で賄われる純国産。
〇大変食いつきが良く95%のリピート率を誇ります。
〇単なる、低カロリー・低脂肪ではなく、良質な成分を徹底追及!
〇肥満だけでなく、糖尿病やクッシング症候群、膵炎や甲状腺機能低下症など、犬の高血糖・高脂血に深く関係する病気を同時にケアできる優れたドッグフード。

価格 6,400
評価 評価5
備考 税抜き 送料200円
犬心 糖&脂コントロールの総評
犬心ドッグフードは、完全な自然素材のみで構成され、その素材から生産まで全て日本国内で賄われている純国産の療法食です。犬の肥満や太り過ぎといったダイエット目的にも非常に優れた効果を発揮し、犬の糖尿病・高脂血症・クッシング症候群膵炎・甲状腺機能低下症・脂質代謝異常症といった、飼い犬がかかりやすい病気を全て同時にケアできる、食事療法食(病気管理用ドッグフード)です。食いつきも抜群ですが無料サンプルによる食い付きチェックサービスが用意されています。※現状のフードに少しづつ混ぜて、段階的に切り替えしてみて下さい。

犬,肥満,ドッグフード

ナチュロル ドッグフードの特徴
市販のフードからの切り替えでダイエットにもおすすめ。

食い付き抜群!
リピート率は驚異の96%!
シニア犬や子犬にもオススメ出来る栄養バランス。
世界で初の持続型ビタミンCを高濃度配合(病気やトラブルにも効果的)
完全無添加でグルテン・グレインフリー!
純国産ドッグフードで高品質を長期にわたりキープします。

価格 49,80
評価 評価5
備考 税抜 ネット通販限定の定期コースで、初回100円のお試し
ナチュロル ドッグフードの総評
ナチュロルドッグフードは、食い付きもよく、栄養バランスに優れているので、市販のフードや人の食事などを与えているワンちゃんなら、ナチュロルに切り替えることで肥満解消のダイエットに効果を発揮します。給与量の目安もあるので、使いやすいナチュラルドッグフードです。健康トラブルの改善や予防にも効果的で、愛犬の腸内環境を整え、免疫力維持にも役立ちます。※肥満解消やダイエット目的で開発されたフードではありませんが、適量を正しく与えることで、肥満の解消に役立ちます。

 

 

愛犬の肥満に!体重からわかる適切なカロリーとは?

 

犬の肥満は様々な病気を招くことはご理解されていると思いますが、

 

「適切なカロリー量って、どのくらいか分からない。」

 

そんな風に困っている飼主さんも多いと思います。前述したように、獣医師さんに相談するという手もありますが、犬の体重別で一日あたりの摂取カロリーについてまとめてみましたので、ご参考にしていただければと思います。

 

必須の栄養バランスなどは、ご紹介したドッグフードであれば問題ありませんので、体重別の適正摂取カロリーが分かれば、肥満の愛犬に対する食事管理も楽になります。

 

【超大型犬の摂取カロリー目安】

41kg 1814カロリー
42kg 1848カロリー
43kg 1880カロリー
44kg 1914カロリー
45kg 1946カロリー
46kg 1978カロリー
47kg 2011カロリー
48kg 2043カロリー
49kg 2074カロリー
50kg 2106カロリー
51kg 2138カロリー
52kg 2170カロリー
53kg 2200カロリー
54kg 2230カロリー
55kg 2262カロリー
56kg 2293カロリー
57kg 2323カロリー
58kg 2354カロリー
59kg 2384カロリー
60kg 2414カロリー
61kg 2445カロリー
62kg 2475カロリー
63kg 2504カロリー
64kg 2534カロリー
65kg 2563カロリー

 

【大型犬の一日の摂取カロリー目安】

21kg 1099カロリー
22kg 1138カロリー
23kg 1176カロリー
24kg 1214カロリー
25kg 1253カロリー
26kg 1290カロリー
27kg 1326カロリー
28kg 1363カロリー
29kg 1400カロリー
30kg 1435カロリー
31kg 1472カロリー
32kg 1507カロリー
33kg 1542カロリー
34kg 1578カロリー
35kg 1611カロリー
36kg 1646カロリー
37kg 1680カロリー
38kg 1714カロリー
39kg 1747カロリー
40kg 1781カロリー

 

【中型犬の一日の摂取カロリー目安】

11kg 677カロリー
12kg 722カロリー
13kg 766カロリー
14kg 811カロリー
15kg 854カロリー
16kg 896カロリー
17kg 938カロリー
18kg 979カロリー
19kg 1019カロリー
20kg 1059カロリー

 

【小型犬のの摂取カロリー目安】

6kg 429カロリー
7kg 482カロリー
8kg 533カロリー
9kg 582カロリー
10kg 630カロリー

 

【超小型犬の摂取カロリー目安】

1kg 112カロリー
2kg 189カロリー
3kg 256カロリー
4kg 317カロリー
5kg 374カロリー

 

以上が犬の体重別、1日当たりの摂取カロリーの目安になりますので、愛犬の肥満解消に、おすすめしているドッグフードのカロリー表をご覧になり、ご参考になさって下さい。

 

 

避妊・去勢手術をすると犬が肥満になりやすいのはなぜ?

 

人に飼われるワンちゃんが、避妊手術や去勢手術を受けることが多いのは、愛犬家の皆さんがご存知の通りです。そして、避妊手術や去勢手術をした犬が太りやすいってことも、広く知られている事実です。

 

何故か?

 

それは、生殖機能を排除することによって、ホルモンバランスが崩れてしまうことや、生殖能力を失うことによるカロリー消費の低下によるところが大きいと推測されます。また、「食欲・睡眠欲・性欲」といった三大欲のうち、性欲を喪失するため、食に対する関心が高まってしまうことも肥満要因の一つとされています。

 

避妊手術をしたメス犬の肥満率はしていないメス犬に比べ、1.6倍〜2倍ほど上昇するといわれており、去勢手術をしたオス犬の肥満率に至っては、通常の3倍以上にのぼるという報告があります。

 

昨今では社会環境も大きく変化し、避妊や去勢手術を避けられない状況も致し方ありませんが、それにより愛犬が太りやすい体質になり、肥満になりやすいという一面は、理解しておいてあげたほうが良いでしょうね。

 

 

愛犬の肥満歴が長く、病気が心配な方へ

 

犬の肥満は万病の元であるということは、前述したとおりですが、何年も肥満が続いている場合は、既に病気の可能性を考慮しておいたほうが良いでしょう。

 

肥満や太り過ぎは、高脂血や高血糖に繋がります。そして、高脂血や高血糖は様々な疾患を伴い、お互いの併発リスクも高く、合併症として複数の病気を抱えてしまいかねません。

 

そこで、犬の7大トラブルと言われる病気と、それぞれの症状や治療法などを、それぞれ詳細に解説したページを用意しました。それぞれに適した食事管理についても詳しく調べていますので、病気の兆候があるワンちゃんいは、そちらを参考にしてあげてください。

 

もちろん、獣医師の診察を受けるのが一番ですが、その前に、肥満からくる病気の特徴などをご覧いただいておくことで、早期受診などのお役に立てていただければと思います。

 

 

⇒ 犬の糖尿病
⇒ 犬の膵炎
⇒ 犬のクッシング症候群
⇒ 犬の甲状腺機能低下症
⇒ 犬の高脂血症
⇒ 犬の脂質代謝異常症(※準備中)
⇒ 犬の癌(がん)

 

TOPへ戻る⇒ 愛犬のクッシング用の食事に!※病状に合う無添加ドッグフード


page top