犬心 口コミ

【犬心の口コミ】病気管理用ドッグフードのリアルな評判を大公開

犬心,口コミ

 

犬の7大トラブルと言われる代表的な疾患を、全て同時にケアできるという「犬心(いぬこころ)糖&脂コントロール」ですが、リアルな口コミや評判も気になると思います。このページでは、病気管理用で正真正銘の療法食ドッグフード、「犬心」のリアルな口コミや評判を検証しています。

 

また、「犬心」の効果や効能メリットやデメリットまでしっかりと公開したいと思います。愛犬の病気の食事管理に「犬心 糖&脂コントロール」を調べていた方のお役に立てれば幸いです。

 

※すぐに公式サイトで詳細を確認するならコチラ↓

犬心の公式サイト 

 

 

食事療法食ドッグフード「犬心」の概要

 

「犬心 糖&脂コントロール」は、代表的な犬の7大疾患に対処できる、食事療法食(病気管理用)ドッグフードとして開発されました。

 

犬心が対応している7大トラブル
・クッシング症候群
・膵炎
・甲状腺機能低下症
・高脂血症
・糖尿病
・メタボ(肥満)
・脂質代謝異常症

 

これらの7大トラブルは、すべて「高血糖・高脂血」が深い因果関係を持っているため、「高血糖・高脂血」に対処することで同時にケアすることが可能です。
また、これらの7大疾患は、合併症として、お互いに併発リスクが高い事でも知られています。7大疾患のもとである「高血糖・高脂血」に対応することが非常に大切なのが理解できると思います。

 

そして7大トラブル全てに共通するのは、食事管理による食事療法がとても重要だという事です。「高血糖・高脂血」に対する食事なので、「低糖・低脂肪」が大前提になるのですが、そうすると必要な栄養素が不足しがちになります。添加物なども悪影響が出るため大量生産された市販のドッグフードは使えません。

 

病気になった犬が、必要とする必須の栄養素を、「臨床栄養」と言いますが、「犬心 糖&脂コントロール」は、7大疾患に対する「臨床栄養」を全てクリアした病気管理用の療法食ドッグフードなのです。

 

さらに、犬心はナチュラルな低温手作り製法で、人工添加物や高温加熱された肉・魚類などを使っていません。ビタミンやミネラルさえも自然素材から摂取できるように開発されているため、ビタミンやミネラルの添加物さえ不使用です。

 

犬心は市販の店頭販売はもちろん、Amazon(アマゾン)や楽天市場でも販売しておらず、公式サイトでのみ注文できるようになっています。

 

※すぐに公式サイトで詳細や口コミを確認する↓

犬心の公式サイト 

 

 

犬心のリアルな口コミ・評判について

 

 

実際に犬心を与えた飼い主さんの、リアルな口コミを見てみましょう。

 

【N県・M様宅 ポメラニアンのSちゃん6才】
Sの異常に気づいたのは、たくさんの抜け毛がきっかけです。もともとは毛並が綺麗な子だったのですが、首やお腹周りの脱毛が目立つようになりました。
何度か検査を受けて、クッシング症候群との診断が下されたのです。
凹んでいたときに、「犬心 糖&脂コントロール」を知り、これしかないと思って、今も続けています。

 

【K市・A様宅 ダックスフンドのDS君6才】
わが家の愛犬DSは、5才のときにクッシング症候群を発病。その1ヶ月後に合併症である糖尿病が発覚しました。
DSの病状を獣医師に聞いて、ほんとうにショックを受けました。
DSが6才の誕生日を迎えたころ、「犬心 糖&脂コントロール」の存在をはじめて知りました。
試しに与えてみたところ、DSの機嫌がとても良くなり、口にも体にも合っていると実感しています。

 

【O府・F様宅 トイプードルのMちゃん7才】
Mは、甲状腺機能低下症にかかっています。脱毛は首から始まり、お腹や背中にかけて毛が無惨に抜けてしまったときは、かなりショックを受けました。
今は「犬心 糖&脂コントロール」で、良い状態を維持できているように思います。自分から散歩に出掛けたがることもあるし、嬉しい事にまだまだMは元気でいてくれています。

 

【K県・S様宅 ボストンテリアのH君8才】
Hが7才になったばかりの頃、クッシング症候群を発症しました。それ以来、なんとかやってきましたが、去年の夏に甲状腺機能低下症を併発しました。
依然としてHの闘病は継続中ですが、「犬心」でHの食事療法がうまくいっており、非常に助かっています。
まだ調子が良い日と悪い日がありますが、散歩に行って元気で動いてくれる事も多くなり嬉しく思います。
出来ればこの調子で、健康的に生活して、長生きして欲しいと思っています。

 

【N県・S様宅 ラブラドールレトリバーのLちゃん8才】
Lが、甲状腺機能低下症を発病してから約半年が経過しました。
その間も治療を継続し、なんとかしてあげれないか、色々と調べていました。
「犬心」は甲状腺機能低下症の、特に高脂血対応の病気管理用フードということで、このような食事管理ことは知りませんでした。
甲状腺機能低下症とは、長く付き合っていかなければならないと覚悟を決めています。そんな中でも、「犬心 糖&脂コントロール」は私たちの支えの一つになっています。

 

【O府・M様宅 ミニュチュアシュナウザーのKちゃん5才】
本来、食欲旺盛でヤンチャなKが、大好物のササミを与えても見向きもしなくなりました。
まもなく3回も吐き、お腹を痛がってる様子を見せたので、直ぐに動物病院に連れて行きました。診断の結果はなんと急性膵炎でした。なんとか一命はとりとめましたが、再発の可能性や慢性化するリスクがあるとの説明を受けました。
まさにその頃、、「犬心 糖&脂コントロール」と出会う事が出来ました。心配だった食い付もよく、これまで以上にご機嫌でヤンチャになった気がします。

 

【M県・N様宅 ミプードルのKちゃん7才】
Kには炎症性腸疾と患慢性膵炎の持病があります。発症してからは食欲がなくなり、嘔吐や下痢を繰り返していました。どんどん痩せ細り、体重が落ちて大好きだった散歩もままならない状態でした。
そんなとき、ネットで知った「犬心」を試してみることにしました。
はじめは少ししか食べてくれなかったので、がっくりしましたが、根気よく与えていると少しずつ食い付がよくなっていきました。
まだまだ闘病は続きますが、落ちていた体重も元に戻り、元気をキープできています。

 

【N県・N様宅 シャーマンシェパードのT君7才】
Tが2才の頃、慢性膵炎を発症しました。
それ以来、何とかやってきましたが、昨年の秋ごろに糖尿病を併発してしまいました。
ちょうどその頃、「犬心 糖&脂コントロール」の存在を知り「これしかない」という気持ちになりました。
まだ闘病は続いていますが、Tの食事管理ができ、非常に助かっています。
近頃では体重も増えてきて、健康状態も良くなってきているのがわかります。

 

【T都・U様宅 ビーグルのMちゃん8才】
Mが糖尿病を発症したのは6歳の時でした。
発症して、症状が酷い時には、体がブルブルふるえるような仕草をします。
病院で獣医さんに勧められた療法食が口に合わないようで、食事管理も大変でした。
しかし、今は「犬心」のおかげで安心していられます。無添加だし、安全で良いものだと思います。
Mも気に入っているようで、とにかく犬心を欲しがります。
ずっと継続していきたいと思うフードです。

 

【Y県・K様宅 シュナウザー犬のR君8才】
わが家の子供と兄弟のように育ち、家族の一員として生活している愛犬です。
「糖尿病・膵炎・高脂血」を併発し、めちゃくちゃショックでした。もう駄目かもしれないとあきらめかけた事もありました。
「犬心 糖&脂コントロール」は、食いつきも良くて、程なく便の質に変化が見られました。
わが家ののRに合っているなと思いましたね。
今では、家族で近所の川口湖に散歩に行くなど、みんなが明るさを取り戻しています。

 

口コミを調べていると、稀に食いつきが悪いというような評判もみられますが、味の付いたおやつや人間の食べ物を与えている場合は、少しづつ「犬心」にシフトして行くほうが良いみたいです。犬心では、食いつきチェックサービス(200g)を無料でご利用できますので、まずは少量でお試ししてあげることをオススメします。

 

※犬心の口コミや詳細を公式サイトで見る↓

 

 

 

犬心は購入者の95%がリピートしています

 

※リピート率:約半年間の間で、犬心を購入したお客様のうち、再注文された方の割合は95%でした。

 

犬心 糖&脂コントロール」は、療法食としての品質、製法や原材料、ヒューマングレード(人も食べられる)等へのこだわりから、市販で売られている格安ドッグフードなどと比較すると、決して安価なドッグフードではありません。それでも、95%という驚異のリピート率を誇っています。

 

犬心を試した飼い主さんの、殆どがリピーターとなって再購入されているのがわかりますね。病気の愛犬に継続的に食べてもらっている証拠で、その効果のほどが垣間見えます
「高血糖・高脂血」に関係する犬の7大疾患は、病気の原因として食生活が大きく関わってきますので、安くて高カロリー・高添加物のフードはNGです。

 

犬の病気に配慮した絶妙の栄養バランスと、免疫力に働きかける「犬心」が、病気管理用の療法食として、その役目をしっかり果たしている証拠が、このリピート率の高さだと言えます。

 

 

食いつきチェックサービスで無料サンプル(200g)がもらえます

 

 

「犬心ドッグフード」では、食いつきチェックサービスを無料で用意してくれており、無料サンプルを200g送ってもらうことが出来ます。徐々に新しいフードに慣らしていくには十分な量だと言えるでしょう。
ただ、無料サンプルを送ってもらうには、「定期コースorまとめ買い」のどちらかを選択し、注文をする必要があります。

 

しかし、無料サンプルでどうしても食べてくれない場合は、無料サンプルの発送から7日以内に、メールでも電話でも簡単にキャンセルすることが出来ます。実際に、何日も「犬心」を食べてくれない場合は、キャンセルして次の手を考えましょう。
⇒ 愛犬のクッシングや「高血糖・高脂血」のトラブル用ドッグフードについて

 

 

▼愛犬の体重に合わせ購入量を選択し、購入ボタンを押すと以下のような画面になります。犬心の無料サンプル注文画面1

 

▼食いつきチェック用サンプルの要・不要の欄がありますので、初回限定の「無料サンプル試供を希望」にチェックを入れると、下記のように0円表示になります。

犬心の無料サンプル注文画面2 

 

 

※そうしても食べてくれない場合は、商品お届け予定日の3日前までに、メールでも電話でも、簡単にキャンセル可能です。

 

 

臨床栄養を踏まえた「犬心の4つの特徴」

 

@ダブルパワーで血糖値コントロール
血糖値の上昇に繋がる「消化されやすい糖質」の制限糖の吸収をブロックする食物繊維のバランスを徹底研究。このふたつのダブル要素で血糖値をコントロールします。
 <栄養調整のポイント>可消化性炭水化物は45%以下に調整(※犬の高血糖では55%以下が推奨値)、食物繊維を約8%に

 

A単なる「低脂肪」ではなく、オメガ3・6による良質な脂肪酸
「低脂肪」はもちろんのこと、脂肪の質にも拘ります。良質な生肉・生魚やココナッツ類から犬に必須な栄養素「オメガ3・オメガ6脂肪酸」を主体に配合。さらに、低温手作り製法で脂肪が酸化しないように工夫されています。
栄養調整のポイント>脂肪を約5%に

 

Bたんぱく質などの栄養バランス
低カロリーを維持しつつ、必要な栄養素をしっかり配合。高消化性のたんぱく質、アミノ酸やビタミン、ミネラルについても、7大疾患に対応させた絶妙なバランスになっています。
栄養調整のポイント>タンパク質を約25%に

 

C腸内バランスを整え免疫力をキープする
犬の腸には、免疫細胞の約70%が集中しています。10年研究をつんだ「犬の善玉菌アップ」技術により、腸内バランスを整え「腸の健康」を実現。さらに、免疫成分として知られる「βグルカン」高含有の花びら茸を配合。「腸の健康」+「βグルカン」で免疫力をキープさせます。
栄養調整のポイント>オリゴ糖・乳酸菌群・難消化性炭水化物・発酵性食物繊維による善玉菌アップやβグルカンによる免疫力の維持を実現

 

 

犬心・12の不使用宣言と原材料・成分値の評価

 

「犬心 糖&脂コントロール」は、徹底的に自然のチカラにこだわり、ビタミンやミネラル、酸化防止剤すら使用せず、完全無添加となっています。
それでも、「高脂血・高血糖の病気やトラブル」に対応した、「臨床栄養クリア」の食事療法食(病気管理用ドッグフード)として認められる品質を誇っています。

 

低温手作り製法で高温処理による酸化を防ぎ、保存においても、空気遮断の「特殊加工のアルミ袋」を採用し、安全な食品用の「脱酵素シート」を同封しています。
酸化を徹底して防いでいるため、「完全無添加フード」でありながら消費期限は1年間という長期間を実現できています。

 

まずは、「犬心(いぬこころ)」が不使用宣言をしている素材についてです。↓

 

 

 

1、食品添加物
2、酸化防止剤
3、防腐剤
4、合成調味料
5、着色料
6、肉骨粉
7、オイルコート
8、香料
9、肉・魚の高温加工
10、残存農薬
11、乾燥肉
12、肉副産物

 

見事に、通常ドッグフードに使われる原材料や添加物が使用されていません。
次に、「犬心(いぬこころ)」の使用原材料と成分値を見てみましょう。

 

【犬心の使用原料】
生肉(牛・馬・鶏)、各生魚、魚粉、玄米、大麦、さつま芋、じゃが芋、ゴマ、ココナッツ、とうもろこし、大豆、ホエイ、海藻、花びらたけ、ひまわり油、冬虫夏草、乳酸菌群、ビール酵母、オリゴ糖

 

【犬心の成分値】
325kcal/100g、粗脂肪5~9%、粗繊維5~8%、粗タンパク質23~27%、可消化性炭水化物40~45%、リジン約1.9%、L-カルニチン300ppm以上、ビタミンE400IU/kg以上、ビタミンC100mg/s以上、セレン約0.7mg/s、ナトリウム約0.3%、カリウム約0.7%

 

いかがでしょうか?詳しい方なら犬心の原材料に、穀物類(大豆・玄米・とうもろこし・大麦)が使われていることに違和感を持つかもしれません。アレルギーを持つワンちゃんもいるため、ここは気になる部分ですね。

 

しかし、他の使用原材料を見てもらえばわかると思いますが、必須の栄養素であるビタミン類やミネラル類も一切添加されていない事がわかると思います。
犬心は完全にナチュラルな自然素材だけで構成しており、必須栄養素のビタミンやミネラルも、アレルギー性が低い玄米や大麦から摂取出来るようになっています。

 

とうもろこしや大豆については、血糖値の上昇を防ぐために配合されていると思われます。血糖値をコントロールするためには、消化のスピードが異なる炭水化物を組み合わせるのが有効とされています。穀物類によるアレルギーの心配はゼロではありませんが、調べたところ「犬心」でアレルギーが出たという報告は、今のところ殆どないそうです。

 

 

犬心の効果・効能が期待できる7大疾患以外の病気

 

「犬心(いぬこころ)糖&脂コントロール」は、高脂血・高血糖が起因する病気やトラブルの、食事療法食(病気管理用ドッグフード)として開発されています。
主に代表的な7大疾患全てをケアできる療法食フードですが、その他の病気にも効果を発揮できるようです。

 

【犬心が対応している7大トラブル】
・クッシング症候群
・膵炎
・甲状腺機能低下症
・高脂血症
・糖尿病
・メタボ(肥満)
・脂質代謝異常症

 

例えば、今のところ健康上の問題はないが、今後のことを考えてダイエットさせたい場合など、現状は未病のワンちゃんにも効果的です。

 

また、公式サイトでの発表はありませんが、口コミや評判を調査して行くと、

 

「ストルバイト結石」
「肝臓病」
「心臓病」
「肝臓病(堪能疾患)」
「シュウ酸カルシウム結石」

 

これらの病歴があれば、販売元のマッシュルーム・デザイン・スタジオ/大和菌研究所まで問い合わせれば、アドバイスが受けれるようです。

 

■店名 マッシュルーム・デザイン・スタジオ(大和菌研究所)
■住所 〒636-0216 奈良県磯城群三宅町小柳447

 

お問い合わせや「犬心 糖&脂コントロール」の詳細は公式サイトから↓

 

 

 

 

 

TOPページへ戻る⇒ 犬のクッシングや「高血糖・高脂血」のトラブル用ドッグフードについて