犬 クッシング症候群 初期症状

はじめに

犬,クッシング症候群,初期症状

 

犬に多く見られる病気のひとつ、クッシング症候群。別名は、副腎皮質機能亢進症。その名の通り、左右の腎臓のそばにある副腎に関わる病気です。副腎は主に体の機能をコントロールするホルモンの生成、分泌を担っているため、副腎に異常が生じると、全身に症状が現れます。

 

クッシング症候群においては、中年期以降に発症するケースが多く、飼い主さんの間でも病名は知っているけれども、詳しい初期症状は知らないということも珍しくありません。そこで今回は、犬のクッシング症候群の初期症状についてまとめてみましょう。

 

何事も、早期発見、早期治療が大切です。

犬のクッシング症候群の概要

 

クッシング症候群は、人間や猫にも生じる病気です。しかし、人間や猫よりも、犬に多く発症しています。

 

・クッシング症候群の発症メカニズム

 

クッシング症候群は、副腎皮質から分泌されるコルチゾールの過剰分泌が主な原因とされています。コルチゾールはインスリンの働きに関わり、血糖値の上昇コントロールや、免疫抑制にも影響しているのです。

 

・犬のクッシング症候群の原因

 

コルチゾールをはじめとした、副腎皮質ホルモンの分泌には、下垂体前葉の働きも影響します。そのため、副腎皮質ホルモンの分泌異常、クッシング症候群の原因は、副腎にできた腫瘍によるものだけでなく、脳下垂体にできた腫瘍によることも。

 

また、他の病気を治療するために、長期間ステロイドを服用しているときも、似たような症状を起こすと報告されています。

 

ステロイド服用をしていて、クッシング症候群のような症状が見られる場合は、ステロイドを飼い主さんの独断で中止せず、獣医師の指示に従ってください。治療の優先順位を見誤ると、愛犬の健康を損なう危険が高まります。

 

犬のクッシング症候群の初期症状について

 

 

犬のクッシング症候群は、以下の初期症状が主なサインとなります。
あくまでも目安として、日頃の観察をしてあげましょう。

 

・水分をたくさん欲しがる

 

血糖値が高まることで、喉の渇きを訴えることがあります。気温が高くないのに普段よりも水分補給量が多く、おしっこの量が増加傾向にある場合、血糖値の上昇が考えられます。

 

・腹筋などの菌に器量が減り、お腹がポッコリしてくる

 

筋肉量が低下して、内臓の重みでお腹がたるんで見えるのも、クッシング症候群の症状のひとつです。

 

・運動量の低下、呼吸が荒い

 

筋肉量の減少により、ちょっとした運動で呼吸が荒くなる、荒さが持続する症状がみられます。走ったり、ジャンプしたりすることが少なくなったなと感じたら、呼吸の仕方も観察してみてください。

 

・脱毛

 

全身の毛が薄くなる、左右対称の脱毛が特徴的です。犬の甲状腺機能低下症の症状と間違えられることがあります。

 

・食欲が旺盛になる

 

体脂肪が減少し、エネルギーを補うために、空腹感を強く感じることがあります。筋肉量が減り、全体的にむくんだ感触なのに、食欲が増す場合は、クッシング症候群の初期症状の初期症状である可能性があります。

 

老化かなと感じる症状が多いのですが、ホルモン分泌異常による症状である可能性がある限り、獣医師による診察が一番の安全策です。
普段と違った様子が続くときは、些細な変化でもメモにとって、獣医師に相談しましょう。

 

犬のクッシング症候群の治療について

 

現在、犬のクッシング症候群の治療については、投薬治療が一般的です。脳下垂体や副腎にできた腫瘍が根本原因の場合、外科的手術が有効です。しかし、手術が困難なケースもあり、投薬治療がメインとなることもあります。

 

使用される薬は、過剰に生成される副腎皮質ホルモンを抑制するものが基本です。その他、血糖値のコントロール抗生物質など、症状に応じて複数の薬を処方されます。

 

クッシング症候群を放置すると、重篤な症状を引き起こすリスクがありますが、早期発見、早期治療により、症状の改善が期待できます。

 

また、投薬治療により症状が改善しても、飼い主さんの独断で薬の量を減らしたり、投薬をやめたりしてはいけません。
目には見えないホルモン量の変化によって起きる病気ですので、獣医師との連携が要になります。

 

愛犬の様子がいつもと違うなと感じたときは、どんなことでも早めに獣医師へ相談しましょう。

 

あと、クッシング症候群を発症した場合、投薬などの治療とともに大切になってくるのが、毎日の食事管理です。

 

犬のクッシング症候群に対応するレシピや注意点、おすすめのドッグフードなど、詳しくは、「⇒愛犬のクッシング用の食事に!※病状に合う無添加ドッグフード」のページに記載していますので、こちらもご確認下さい。


page top