犬 膵炎 食事

さいしょに

犬,膵炎,食事,症状,原因

 

犬の膵炎という病気は、ドッグフードや毎日の食事との因果関係が深い疾患として知られています。治療方法や症状については、「慢性膵炎」か「急性膵炎」かで違いが出ますが、食事療法での対処が不可欠だということは共通した要素です。

 

ここでは、犬の膵炎の原因や症状、治療法などについてまとめ、食事管理や食事療法において、注意すべき重要なポイントをご紹介します。

犬の膵炎の原因や症状

 

犬の膵炎は、食事や感染症、ほかの病気が引き金になることがありますが、はっきりとした原因がわからないこともあります。
また、急性の膵炎慢性的な膵炎では、症状のあらわれ方に若干の違いがみられます。

 

しかし、本来小腸で消化を助ける膵液が、なんらかのトラブルにより膵臓内で働き始め、膵臓自体を溶かしてしまうのが膵炎ですから、慢性も急性も油断できません。

 

放っておいては命にかかわることもあるため、早期発見が重要です。

 

犬の膵炎の症状、慢性膵炎の場合

 

犬の慢性膵炎は、犬によっては症状がはっきりと出ないこともあります。また、膵炎の単独発症ではなく、糖尿病などほかの病気を併発していることもあるため、定期的な血液検査を受けましょう。

 

慢性膵炎でよくみられる症状は、以下の通りです。

1・下痢や嘔吐が続く

 

軟便程度が続く場合、個体差の範囲と決めつけてしまうことがあります。
食後に少し吐き戻す程度の場合も、食べ過ぎや体質として重要視されないことも。

 

軟便を含め、下痢や嘔吐が続く時は、膵炎の疑いに限らず、早めに獣医師に相談しましょう。

 

2・食欲がなくなる

 

なんだかダルそう、食欲がなくなってきた。
そうしたときも、一時的な疲れとして放っておかずに、なんらかの病気のサインとして受け止めましょう

 

高脂血症など、ほかの病気由来の膵炎を発症している可能性もあります。
このような場合、膵炎単独の治療だけでなく、主な病気の治療を優先的に行っていかなければ改善しません。
しっかりと、日々の健康チェックをしてあげましょう。

 

犬の膵炎の症状、急性膵炎の場合

 

急性膵炎を発症すると、激しい腹痛に見舞われることがあります。また、激しい嘔吐や下痢発熱を伴うこともあり、犬にとっても辛い症状が目立つでしょう

 

下痢の状態も、急性膵炎の診断目安になります。普段とは違った臭いの灰白色便や血液便がある場合、至急で獣医師のもとに向かいましょう。

 

 

膵炎(急性・慢性)の治療方法の違い

 

 

犬の膵炎は、「急性膵炎」と「慢性膵炎」では、初動対処が大きく変わってきます。ここでは、それぞれの治療法についてご紹介します。

 

急性膵炎の治療方法

 

愛犬が急性膵炎になった場合、早急に初期治療を施してあげなければいけません。急性膵炎は死亡率も高く、危険な状態といえます。

 

・入院による集中的な治療

・絶食(数日間は食事を抜き、水分や栄養などの輸液を点滴で補給)

・炎症や痛みに対処するため、抗炎症剤や抗生物質、鎮痛剤やモルヒネの投薬

 

急性の症状が緩和してくると、少量ずつ食事を与えながら様子を見ることになります。消化が良い、出来るだけ低脂肪な優しい食事を心がけます。

 

低タンパク質で高脂肪、高カロリーで添加物の多いドッグフードや、粗悪な食材のご飯など、普段の食事が発祥の原因だというケースも多く、他には、高脂血症や肝臓病、肥満や基礎疾患への投薬が原因としてあげられます。

 

 

急性膵炎の予後と慢性膵炎の治療方法

 

急性膵炎になった愛犬は、早急な治療後、根治したように見えたとしても、慢性膵炎になったり、再発をしてしまうことが多い病気です。

 

基本的には食事療法が中心になってきますが、低脂肪で高消化な食事や、無添加で栄養バランスがしっかりした、原料・成分表記がしっかり公表されているドッグフードがおすすめです。

 

犬の膵炎では、食事管理が不可欠ですので、不要な「おやつ」「勝手食い」などにも注意し、食事療法以外での摂取は厳禁です。

 

慢性膵炎のワンちゃんは、食事管理が一番重要ですが、痛みや炎症の度合いにより、鎮痛剤やモルヒネを処方する場合もあります。その場合でも、犬の膵炎に対応した食事管理はしっかり継続しなければなりません。

 

膵炎は食事による改善、予防が期待できる病気です。高脂血症やクッシング症候群が基礎的な病気の場合、それらの投薬治療に併せて、食事治療を勧める獣医さんが多いでしょう。

 

では、犬の膵炎にはどのような食事療法を心がければよいのでしょうか。

 

食事療法のポイント

 

予後管理としてしっかりと行う。これが、最大のポイントです。

 

具体的には、以下のポイントを押さえた食事を提供してください。

 

1・新鮮な低脂肪食材

膵炎は、クッシング症候群や糖尿病、高脂血症などを併発していることがありますので、食事については「ヘルシー」なものを意識してあげるとわかりやすいでしょう。

 

また、脂肪は酸化しやすい栄養素。
手作りでも、市販のフードでも、酸化しないうちに食べきることを前提に用意しましょう。

 

玄米やさつまいもなど繊維の多い食材を取り入れると、お腹の調子も整い、代謝のコントロールがしやすくなります。

 

2・消化の良いタンパク質

タンパク質を極端に制限するのではなく、適量を摂取することが重要です。小麦グルテンなど、犬が消化しにくい食材は避けてあげてください。

 

3・胃腸に優しく消化を助ける食材

膵炎を発症すると、本来膵液が働くべき腸内に、膵液が不足することがあります。すると、腸が不足を補うために頑張り過ぎてしまうのです。

 

 

腸の過労を防ぐためには、食物繊維が豊富な食材を、日々の食事に取り入れておくと良いですね。

 

ただし、多量に摂取すると、かえって負担になってしまいます。適量を健康的に食べられる工夫も大切です。

 

犬の膵炎の食事管理は、低脂肪の療法食(病気管理用)ドッグフードを活用する方法があります。市販のフード選びは、原材料や栄養素について細かく表示されているものを選ぶか、メーカーに問い合わせをしておくと安心です。

 

なにはともあれ、まずはかかりつけの獣医師に相談して、食事治療方針の指導に従ってください。全て飼い主さんの独断で行動せず、愛犬の経過もしっかりと見てもらいましょう。

 

犬の膵炎の症状に対応した、療法食ドッグフードで、非常におすすめなものがあります。完全無添加で、犬の膵炎の臨床栄養素を全て含み、リピーターの飼主さんが95%もいるという、今話題になっているフードです。⇒ 【犬心 糖&脂コントロールの口コミ】+原材料や成分から効果を大検証

 

また、膵炎との合併症や、併発の危険性がたかい、クッシング症候群の食事療法についても詳細を確認することが出来ます。⇒ 愛犬のクッシング用の食事に!※病状に合う無添加ドッグフード


page top