糖尿病を抱える愛犬の食事管理!コントロールしたいなら

前書き

犬,糖尿病,食事,原因,症状

原因や症状|犬の糖尿病|

 

昨今の生活環境の変化などにより、糖尿病を発症してしまう飼い犬が増加の一途をたどっています。
このページでは、犬が糖尿病になる原因や、病気を引き起こす原因について解説していきます。

 

また、愛犬が糖尿病と診断された時、インスリンの投与など、治療してあげることで症状を改善させることが可能ですが、それと同じか、あるいはそれ以上に大切なのが食事管理による食事療法になります。
糖尿病の原因や症状はもちろん、さらには、糖尿病の愛犬への食事療法のポイントなどをお伝えしていきたいと思います。

 

 

主な原因|犬の糖尿病|

 

身体の中で糖を吸収できずに尿と出てしまう糖尿病は、インスリンの分泌量が減ってしまう、犬にはわりと多い疾患のひとつです。
糖尿病の原因には、大きく分けるとふたつの要因があります。
そのひとつめは遺伝的な糖尿病で、つまり先天的なものになります。
ふたつめは食生活や運動不足などの生活習慣、そして老化などによる、後天的な糖尿病です。

 

原因として多いとされているのが、後者の後天的な糖尿病です。
愛犬が糖尿病を発症した場合において、メインの治療は食事療法になります。

 

それだけでは改善しない場合、インスリンを注射して、血糖値が上昇しないようにコントロールしていきます。
何もしないで放っておくと、失明などの末端症状を引き起こすため、早めの治療を心がけましょう。

 

それから、糖尿病にかかった愛犬には、どのような症状があらわれるのでしょうか?

 

一般的な症状について|犬の糖尿病|

 

犬の糖尿病は、以下の初期症状で気づくことが多いようです。
受診目安として観察してあげましょう。

 

1.水分をたくさん欲しがる

 

血糖値が高まり、喉の渇きを訴えます。

 

2.おしっこが近い、多い

 

水分摂取量が増えるため、排尿量も増えます。

 

3.元気が無くなる・運動量の低下、呼吸が荒い

 

筋肉量の減少により、ちょっとした運動で呼吸が荒くなりがちです。
走ったり、ジャンプしたりすることが少なくなったなと感じたら、呼吸の仕方も観察してみましょう。

 

4.毛が抜けて皮膚が見える

 

毛が薄くなる、あるいは皮膚疾患を発症することがあります。

 

5.食欲旺盛なのに、体重が減る

 

空腹感を強く感じることがあります。
血液中グルコース量は高いのに、細胞に必要な糖が行き渡らないので、食欲が増すのに体重が減る現象が起こるのです。

 

糖尿病は、一度発症すると自然治癒することはありません。
一般的な治療法は、食事による血糖値のコントロール

 

発症前からの食事による予防、適度な運動が望ましいのですが、遺伝的な原因による発症もあります。
それだけリスクが高く身近な病気なので、どの家庭でも食事による予防や治療食へ取り組みを、心しておきたいものです。
では、犬の糖尿病はどのような食事を提供してあげれば良いのでしょうか。

 

犬の糖尿病で押さえるべき食事療法のポイント

1.獣医師の指導を守る

 

当たり前のことですが、獣医師さんの指導により食事治療がスタートします。
慣れないうちは指示通りの量では物足りず、お代わりを要求するかもしれません。
でも、飼い主さんの判断で量を増やしたり、減らしたりすることは厳禁です。

 

2.なるべく同じ時間、同じものを与える

 

規則正しい時間に、規則正しい栄養素やインスリンを投与します。
血糖値をコントロールして、体調をケアします。

 

3.糖質と炭水化物

 

高血糖になりやすいため、食事では特に気をつけなければなりません。
炭水化物や糖質は、ドッグフードによっては多めに配合されているものがあるので、低配合の糖尿病治療食を選びましょう。
手作りの場合、芋や玄米などを上手に取り入れて、糖の吸収をコントロールしてあげます。

 

4.新鮮な低脂肪食材

 

犬の糖尿病は、様々な症状を併発することがあります。
高血糖だけでなく、血管や心臓に負担がかかりやすい高脂血症のリスクも高いため、高脂肪な食材を避けておくべきです。
脂肪は酸化しやすい栄養素。手作りでも、市販のフードでも、酸化しないうちに食べきることを前提にようい準備しましょう。

 

犬の糖尿病は、様々なトラブルを生じやすい病気です。
ですので、いまは症状がなくても、将来的な健康リスクを少しでも軽減させるために、早い時期から食事内容の見直しをしておくと良いですね。
市販のフード選びは、原材料や栄養素について細かく表示されているものを選ぶか、メーカーに問い合わせをしておくと安心です。
さらに、愛犬の糖尿病の食事療法のために、獣医さんが糖尿病用の療法食ドッグフードをすすめることがあります。

 

飼主さんが、全てを手作りで対応するのは、現実的に困難な日もあるはずです。
そうした時のために、上手にドッグフードを活用してみるのもよい取り組みでしょう。
犬の糖尿病治療は、飼い主さんの協力があってできることです。
突然食事内容が変わり、戸惑う犬もたくさんいます。

 

でも、少しずつ慣らしていき、改善をめざして頑張りましょう。

 

犬の糖尿病で併発しやすい合併症について

 

血糖値や血中脂肪が上昇してしまう糖尿病は、高脂血症・高血糖が関係する、他の病気を併発しやすいといたリスクが高いことでも知られています。

 

高脂血症・高血糖になりやすい、また、そこから発祥しやすい疾患については、「肝疾患」「クッシング病(副腎皮質亢進症)」「甲状腺機能低下症」「脂質代謝異常症」「膵炎」「過度な肥満・メタボ」などが挙げられます。

 

糖尿病と合併症を併発している場合、症状がどんどん悪化する危険性があるため、高脂血・高血糖に配慮した食事管理、食事療法が非常に重要な役割を果たします。

 

しかし、裏を返せば、高脂血・高血糖をケアできる食事や食べ物であれば、合併症もまとめてケアできるため、愛犬の健康状態を保てる可能性が大きくなるとも言えます。

 

糖尿病と同じ食事管理が有効な、犬のクッシング症候群に対しての記事も参考になると思いますので、そちらの記事も是非一度、目を通しておいてください。

 

糖尿病の食事管理にも有効な、ナチュラルドッグフードにも詳しく触れています。

 

TOPページ⇒ 愛犬のクッシング用の食事に!※病状に合う無添加ドッグフード

 

また、糖尿病の愛犬の食事療法を行ううえで、非常におすすめな特別療法食がネット通販限定で販売されています。「臨床栄養」と言われる、病気の愛犬に必要な栄養を満たし、与えてはいけない成分は排除されている完全無添加のドッグフードです。

 

糖尿病の愛犬の食事管理には、一番おすすめなドッグフードで、天然の素材原料と低温手作り製法で作られています。しかも、原材料から生産、発送に至るまで、全て日本国内で行われている、純国産の療法食ドッグフードです。

 

 【犬心 糖&脂コントロールの口コミ】+原材料や成分から効果を大検証

 

さらに、こちらのフードも、高濃度のビタミンCを配合した、病気の愛犬にピッタリなナチュラルドッグフードで、獣医師と相談しながら、糖尿病の食事療法に適していると言えるでしょう。

 

⇒ ナチュロルの評判|愛犬の健康トラブルと戦う無添加フードのチカラ


page top