癌の愛犬への食事|健康状態を保つレシピやポイント

最初に

犬,癌,食事,原因,症状

 

このページでは、犬の癌へ共通する食事療法のポイントや食事のレシピについて紹介しています。

 

そのまえに、犬の癌に共通する主な症状や原因について解説します。

 

※目次を開いてもらえば、見たい項目に飛べますので、確認したい項目を選んでいただければと思います。

 

犬の癌の原因や症状

 

犬の癌には、人間と同じく様々な原因があります。

 

になりやすい遺伝的な由来や、抗癌遺伝子が不活性化するケース、紫外線やウイルスにより発生することもあるのです。

 

近年は犬の平均寿命が延びたことにより、統計上は人間の2倍の発症数となっています。
犬の老化に伴うホルモン量の変化もまた、癌の原因となることもあり、今後は癌の治療をしながら暮らす犬が増えるのではないでしょうか。

 

癌は、正常な細胞を侵していきます。
健康維持に必要な栄養素も、癌の増殖によって吸収しにくくなるため、慢性的な栄養失調状態になります。それでも、癌細胞はあちこちの臓器やリンパ節に転移をして広がるので、苦しい闘病になりがちです。

 

大切なのは、日頃の健康管理と早期発見、早期治療です。
癌の主な症状について、まとめていきましょう。

 

犬の癌の主な症状

・リンパ節の腫れ

・微熱が続く

・運動をしたがらない

・体重減少

・食欲不振

・貧血

・触れてわかるしこりがある

・ウンチやおしっこの色がおかしい、血液が混ざる

 

これらはほんの一部の症状です。
同じような症状でも、他の病気が隠れていることもあります。

 

重要な点は、いつもと違う点に気づくこと。
毎日一緒にいる飼い主だから気づける点があるでしょう。

 

気のせいかなと放置せず、定期的に健康診断を受けると安心です。

 

犬の癌への食事療法のポイント

 

犬の癌は、外科的手術や投薬、化学療法、放射線治療など、癌の発生場所や状態により、様々な治療法が確立されつつあります。

 

しかし、生活習慣の見直しで防げる癌もあるため、日頃口にする食事から、しっかりとケアしてあげたいものです。

 

また、術後や闘病中は特に不足してしまう栄養素もあるため、バランス良く癌に負けない体作りを意識していきましょう。

 

1・糖を減らし良質な脂肪分を多めに

癌を患うと、必要なエネルギーを癌細胞に横取りされてしまうため、体重減少や基礎体力の低下がみられます。

 

カロリーを補うために糖質を増やそうとしても、癌細胞の好物であるため、犬に届きにくく、癌細胞が元気になってしまいます。
しかし、癌細胞は脂肪の利用法が下手なので、良質な脂肪を摂取することで、犬にとって必要なエネルギーを補おうというわけです。

 

2・貧血を防ぐ食材

癌を患い、栄養素が不足し、腫瘍部分からの出血により、慢性的な貧血症状を起こすことがあります。
ほうれん草や赤身肉など、鉄分が豊富な食材もメニューに取り入れてあげましょう。

 

癌のため、食欲が減少していることもあるので、調理の際に食べやすい硬さや大きさを工夫してあげると良いでしょう。

 

3・抗酸化作用のあるものを取り入れる

癌細胞の活性化を防ぎ、元気な細胞を育てるためにも、抗酸化作用のある食材を取り入れてあげてください。トマトなどは、調理しやすい食材です。

 

4・免疫力を高める食材

癌細胞は、免疫力が低下するほど、元気になります。癌と戦うためには、免疫力を高めることが大切です。
そこで、免疫力を高める食材を、癌になる前から食事に取り入れておきたいものです。

 

豆類や魚、肉類には免疫力を高める作用があります。
サプリメントなどでは、Bグルカンやフラボノイドが免疫力向上に良い栄養素として含まれています。

 

生活習慣病予防には、低脂質な食事を中心にする指導が行われますが、脂肪の面については、癌を患った後は多めにということになります。

 

いずれにせよ、犬が若いうちから、定期的な健康診断とバランスの良い食事、適度な運動が大切で、なおかつ、ストレスや有害物質にさらさないことが重要です。

 

癌と宣告されると、とてもショックを受ける飼い主さんもいらっしゃいます。
ですが、近年は治療法も進歩しているため、専門的な治療は獣医さんに任せ、ご家庭では食事のケアを中心に、愛犬をサポートしてあげましょう。

 

 

癌と診断された愛犬をケアできる「がん腫瘍対応の療法食」

 

犬の癌(がん)に対応した、食事レシピや食べ物の注意点などは前述したとおりですが、犬の癌に対応した、病気管理用の療法食で、かなり高レベルで安心なドッグフードが存在します。癌や悪性腫瘍の栄養源になる糖質を制限し、研究でも好結果を得ているオメガ3脂肪酸を配合、癌・悪性腫瘍が利用できない、生肉や生魚での動物性タンパク質やアルギニンを多く含んでいます。

 

癌への有効性の研究結果が話題の、オメガ3脂肪酸高含有の亜麻仁(アマニ)油オイルも付いています。

 

 

また、癌(がん)細胞をやっつけ、合併症を防ぐため、免疫力をアップする力を育める、βグルカンが高含有の花びら茸など、スーパーキノコ10種類を、都度配合率を変えて含んでいます。このスーパーキノコ類で注目すべきは、免疫細胞の活性化が起こって、症状が好転したとしても、時間が経過するにしたがって、免疫枯渇が起こるのですが、その対応策が施されているところです。

 

免疫枯渇とは、一度元気になった免疫細胞が枯渇(こかつ)して行く状態のことを言いますが、購入するたびにスーパーキノコの配合率を変化させ、免疫枯渇が起こらないように配慮されているところです。人間の腫瘍免疫学においても、免疫枯渇の問題が研究され、それを防ぐための対策もかなり進んでいるのですが、ドッグフードでここまで配慮されているものは珍しいと思います。

 

絶対にあきらめない!」というキャッチフレーズは、この癌療法食ドッグフードを開発するための、熱いコンセプトが感じられますし、原材料や成分値にもそれが現れています。癌(がん)の愛犬に必要な栄養素をたっぷり配合し、低カロリーで100%無添加。さらには、免疫細胞が元気になる為の力を育むための成分も含まれている、正真正銘の「癌・腫瘍対応の食事療法食」だと言えます。

 

↓癌をケアする特別療法食の詳細↓

 

【最後まで諦めない〜犬の食事療法【療法食】

希望を繋ぐ最新臨床栄養学の基づく『食事療法』
完全無添加
無料お試し&返金保証あり!




 

 

 

腫瘍が原因で発症する病気のケアTOPへ⇒ 愛犬のクッシング用の食事に!※病状に合う無添加ドッグフード


page top