犬 クッシング症候群 余命

※犬のクッシング症候群|余命は?完治の可能性は?

犬,クッシング症候群,余命

犬のクッシング症候群は、副腎皮質ホルモンが過剰分泌することで引き起こされる、犬に比較的多い疾患です。

 

このページでは、「クッシング症候群は完治を見込めるのか?」

 

「クッシング症候群の犬は、残りの余命はどうなってしまうのか?」

 

「犬のクッシング症候群にかかる、治療費はいくらくらいになるのか?」

 

などについて、なるべくわかりやすく、疑問が解消するようにご紹介させていただきます。不安に思っている飼い主様の役に立つことが出来れば幸いです。

 

 

犬のクッシング症候群という疾患について

 

別名称を、「副腎皮質機能亢進症」と言い、副腎と呼ばれる腎臓の上にある器官から分泌される、「副腎皮質ホルモン(コチゾール)」が異常分泌してしまう事で引き起こされるのが、犬のクッシング症候群です。

 

愛犬家の間ではよく知られた犬の病気ですが、一般の飼い主さんには耳慣れない疾患かもしれません。自然発生的にかかってしまう場合もあれば、基礎疾患への投薬(自己免疫疾患などで副腎皮質ホルモンと同じ働きをする薬を長期で与えているなど)などで発症することもあります。

 

コチゾールに似た性質の薬は、一般的にステロイドやグルココルチコイド薬と呼ばれるもので、獣医師が処方することも多い薬です。
自己免疫疾患や炎症、腫瘍などの治療で副腎皮質ホルモン(コチゾール)と同等の働きを持った、ステロイドやグルココルチコイド薬の投与するのですが、副作用もあります。

 

副腎皮質ホルモン(コチゾール)は、犬の自己防衛のために分泌される物質ですが、ステロイドやグルココルチコイド薬と同じように、副作用のリスクがあります。
クッシング症候群の分泌異常によって、常時ホルモンが分泌している状態は、犬の健康に大きなダメージを与えてしまいます。

 

クッシング症候群の症状

 

・よく水を飲む
・オシッコの回数や量が増える
・お腹が膨らんでくる
・胴回りの毛が左右対称に抜けたり、毛艶が悪くなる・元気が無くなる
・糖尿病などの合併症を引き起こす

 

 

犬のクッシング症候群|完治の可能性や治療法

 

 

ここでは、クッシング症候群にかかった犬の、治療方法や完治の可能性、さらには寿命・余命についてもわかりやすくご紹介していきたいと思います。

 

薬による内科的治療法

まず、副腎皮質ホルモン(コチゾール)の過剰分泌で引き起こされる、犬のクッシング症候群には、コチゾールを分泌する細胞を部分的にやっつける薬を投与し、分泌過剰を抑えるといった治療法があります。しかし、投与量の調節が難しく、多すぎると日常生活に悪影響が及ぼしますし、少なすぎると再発し、効果が期待できません。

 

もう一つは、副腎皮質ホルモン(コチゾール)をコントロールするための薬剤投与になりますが、安全性が高い代わりに、生涯にわたって投薬を行う必要があります。犬のクッシング症候群は、完治を目指すというよりも、「副腎皮質ホルモン(コチゾール)」の分泌量を見ながら、症状をコントロールしていく治療が一般的で主流です。

 

無理に完治を目指すよりも、余命も伸びますし、寿命を全うすることも可能な、優しい治療法といえます。さらに、あわせて犬のクッシング症候群に適した食事療法を行えば、合併症を引き起こすことなく健康に過ごすことが可能です。

 

 

外科的治療法

犬のクッシング症候群では、脳下垂体や副腎にできた腫瘍が原因で引き起こされるものが多くあります。原因である腫瘍を外科手術で切除してしまう治療法がこれです。

 

副腎や脳下垂体に出来た腫瘍が良性であれば、切除してしまえば完治の可能性も高い治療法ですが、脳下垂体など、出来た腫瘍の位置によっては、手術が困難なケースも多くみられます。また、癌などの悪性腫瘍だと転移などの理由から外科手術を断念せざる得ない場合もあります。

 

ただ、脳下垂体に出来る腫瘍は良性であることも多く、場所によっては手術が可能な場合もあります。他にも放射線による治療法や投薬である程度腫瘍を小さくすることも可能です。どちらにしても、腫瘍が悪性であるか良性であるかという事も、予後に大きな影響を与えます。基本的に、良性腫瘍で切除可能であれば、外科手術で完治が見込めます。

 

 

検査費用と治療費について

 

@検査費用
犬のクッシング症候群の診断には、複数回の血液検査が必要になります。動物病院によっては数日の入院を行って、集中的に検査を行う場合もあるようです。
血液検査以外にも、エコーやX線撮影(レントゲン検査)での検査があり、診断確定準備の段階で、おおよそですが、50,000円(※項目により異なります)程度の費用が見込まれます。

 

犬の種類や体重によっても費用は異なってきますが、おおよそ40,000円〜50,000円程度の検査費用は掛かると思っておいたほうがいいでしょう。また、経過観察のため、数か月に1回はこの検査費用が必要になります。※もう少し安い場合もあります。

 

 

A治療費(薬代など)
一般的な副腎皮質ホルモン(コチゾール)の過剰分泌を抑制する薬は、一錠あたり¥1,000円から¥1,500円だそうです。検査結果を見ながら量を調整していきますが、大型犬であるか小型犬であるかなど、犬種や大きさによっても与える量が変化します。

 

【治療費(薬代)の参考】
大型犬:¥60,000円程度
中型犬:¥50,000円程度
小型犬:¥20,000円程度

 

 

A治療費(手術費用)
これも、病院や行う施術のないようにより内容により異なりますが、¥50,000円〜¥180,000円程度は掛かります。人と違い、ワンちゃんには健康保険が適用されないため、全て実費費用となります。

 

こちらは、ペット用の保険にご興味があれば参考にして下さい↓
⇒ ■ペットの保険選びは!【保険スクエアbang!/ペット保険】■

 

 

クッシング症候群になった犬の寿命(余命)

 

 

クッシング症候群での最大の敵は、「高血糖・高脂血」からくる合併症で、「糖尿病」や脂質代謝異常」、「甲状腺機能低下症」や「膵炎」などの併発リスクが高いことです。
犬のクッシング症候群で、投薬や外科手術などの治療法のほか、非常に大切になってくるのが、食事療法になります。

 

代謝トラブルを抱えた状態なので、高消化で良質なタンパク質、さらに「高血糖・高脂血」に関係する合併症に対処する、低脂肪・低カロリーで必要な栄養バランスを考慮した食事です。クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)は、副腎皮質ホルモン(コチゾール)をコントロールすれば健康に日常生活を送ることが出来ます。

 

食事療法や治療は一生涯付き合っていかなければなりませんが、しっかりコントロールすることが出来れば、寿命をまっとうすることも出来ます。合併症や他の疾患の併発など、難しい病気ではありますが、絶対に余命が短くなるとも言えませんので、しっかりと向き合ってあげてください。

 

 

TOPページ⇒ 「愛犬のクッシング用の食事に!※病状に合う無添加ドッグフード」へ戻る


page top